自分に合ったお肌のケア|念入りなケアで美肌を目指そう|美白化粧品はランキングから得る

念入りなケアで美肌を目指そう|美白化粧品はランキングから得る

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分に合ったお肌のケア

スキンケア

ニキビに悩んでいる人は、性別や年齢問わず多いでしょう。ニキビが治ったとしても、ケアや治療法を間違えると、ニキビ跡として残ってしまう場合があります。食事面や日々のお肌のお手入れから、キチンと自分の肌に合ったケアをするべきです。ニキビ跡と言っても、色々な原因によるものがあります。まずはじめに、後が赤みを持ってしまったタイプが挙げられます。ニキビの腫れ自体は落ち着いていても、肌の表面に赤みだけが残ってしまうケースです。外部から刺激を与えなければ、特に痛みはありません。このタイプは、ニキビが炎症を起こした際に傷を治す為、毛細血管が集中して目立つと言われています。次に、シミとなって茶色く色素沈着してしまうケースがあります。跡ができたのちに日焼けをしてしまい、メラニン色素が沈着してしまった場合です。また、跡が凹凸がしてクレーターになるケースもあります。ニキビを無理やり潰してしまったりする場合に、なってしまうようです。

まずニキビ跡が赤みとして残ってしまった場合は、肌の保湿ケアが出来る化粧品が有効的なようです。そこまで症状が酷くはないので、普段通りのスキンケアをしながら、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの保湿成分のある化粧品を使うのが良いでしょう。次に茶色く色素沈着してしまったニキビ跡の場合は、これ以上に濃いシミにならないように美白成分と保湿成分が配合されている化粧品を選ぶと良いでしょう。美白成分のビタミンC誘導体やアルブチンなどが配合された化粧品がオススメです。それにプラスして、日頃から日焼け止めなどの日中の紫外線ケアも力を入れると良いでしょう。最後におうとつのあるニキビ跡ですが、なかなかセルフケアで改善するのは難しいです。家でピーリングをするなどすれば多少効果はあるかもしれません。一番良いのは美容皮膚科などで、専門家に診断してもらうことです。